WRTLT2005 & WRTLT2004 Best Paper Award

7月20,21日に中国のハルビンで国際ワークショップ 6th Workshop on RTL and High Level Testing (WRTLT05)が開催され,設計工学講座から井上先生が研究発表を行いました.発表タイトルは
“A Method for Designing Hierarchically Testable Datapaths Based on Fixed-control Testability”です.

また,昨年のWRTLT04で設計工学講座から発表を行った論文
M. Shintani, T. Ohara, H. Ichihara, and T. Inoue, “A Test Compression Algorithm for Reducing Test Application Time,” 5th Workshop on RTL and High Level Testing, pp. 53-58, Nov. 2004.
が「WRTLT 2004 Best Paper Award」に選ばれ,その授与も会わせて行われました.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です