テーマ:大規模集積回路/コンピュータシステムの設計とその自動化 (VLSI-CAD)

半導体技術の進歩はめざましく、今日では、VLSI (大規模集積回路) は単にコンピュータ機器の部品として使われるだけでなく、家電製品や自動車の制御など、私たちの普段の生活に密接に関わるようになってきました。

このような大規模で高性能、高機能なVLSIの設計には、コンピュータによる支援設計(CAD: Computer-Aided Design)や設計自動化(DA: Design Automation)の技術が必要不可欠です。一般にVLSI-CAD/DAでは、面積、性能、消費電力などが考慮されますが、研究室では、VLSIの設計・製造から利用状況まで、VLSIの製品ライフサイクル全体の最適化を考えた設計、すなわち Design for X (DfX) を指向したCAD/DAを目指しています。例えば、製造容易化設計、テスト容易化設計、保守容易化設計などが挙げられます。

さらに、FPGAやGPUを用いたVLSI-CADの高速化 (ハードウェアアクセラレーション) にも取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です