テーマ:高信頼システムの実現 ー ディペンダブルコンピューティングシステム

コンピュータは家電製品や自動車などに組込みシステムとして広く利用されるようになり、その役割は単に生活を便利にするだけでなく、経済や生命にも大きく関わるものとなっています。そのようなコンピュータシステムを信頼して安全に利用できる、すなわち「頼れる(ディペンダブル)」ものにするには、耐故障性やフェールセーフなどの設計が必要です。

研究室では、小さい費用で設計可能な高信頼システムを設計するための手法を研究しています。具体的には、耐ソフトエラーを指向した高信頼設計、耐故障化システム合成法などの研究開発を行っています。また、FPGAを用いた安価で高信頼なシステムの実現も研究対象です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です