招待講演が日経テクノロジーオンラインにて紹介されました

確率を用いて演算を行う「ストカスティックコンピューティング(SC:Stochastic Computing)」は、耐故障性や小面積・低電力性から現在再注目されており、画像処理や機械学習などでの利用が期待されている。「DAシンポジウム2017 -システムとLSIの設計技術-」(2017年8月30日〜9月1日に石川県加賀市で開催)の招待講演において、市原英行氏(広島市立大学 大学院 情報科学研究科 准教授)がその魅力と研究動向を概説した。

情報源: 見直されるストカスティックコンピューティング – 日経テクノロジーオンライン

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です