スペインネタ2

今回はエールフランスとイベリア航空を乗り継いだのだが,チェックインしたカバンが目的地(セビリア)に届かなかった.良く聞く話だが,個人的には初めての経験.
で,セビリアの空港で係の人にカバンが出てこないことを伝えると,端末をたたいて調べてくれた.その答えが「セキュリティ上の理由で最初の空港(パリ)で日本にカバンが送り返されているらしい(えっ!).こちらから問い合わせてなにかわかったらホテルに連絡する」というもの.正直そんなことあるのかという気もするが,そういわれてしまってはこれ以上どうすることもできない.
ということで,こちらに滞在中にカバンは手に入らないなとあきらめていたのだが,あっさりと次の日の夜にカバンがホテルに届けられた.本当に日本に送り返されていたのか?とさらに疑いたくなる.
ちなみに,研究発表に必要なものはすべて機内持ち込みしていたので,仕事には影響なかった.でも,2日間着替えがなかったのはちょっときつかった.今度からは機内持ち込みのカバンに着替えを入れておくことにしようと思ったのは当然の成り行きかどうかはあなたしだい.

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です