2016年度修論発表会

こんにちは,M1の塩山です

2月14日(火)に本研究室のM2の先輩方の修論発表会が行われました.

研究タイトルは以下のとおりです.

猪谷「ハンドシェイク遅延に着目した非同期システムの高位合成における演算器バインディング法」
岩崎「エラートレラントアプリケーションのための論理回路の許容関数を用いた簡単化手法に関する考察」
川嶋「リアルタイム制約下における近似演算による耐故障設計に関する考察」
杉野「積和演算のためのストカスティックコンピューティング回路設計法」
福田「線形有限状態機械を用いたストカスティックコンピューティングにおける耐故障状態割当て」
三藤「リアルタイム制約下における高信頼化を指向した高位合成に関する考察」

どれもとても素晴らしい発表でした!
来年に向けて自分も頑張ろうと思いました!

本当におつかれさまでした.

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です