FTC研究会10冬

岡山で行われたFTC研究会にて,牛丸裕子さんが「低エイリアス制約下での演算器共有可能性に基づくデータパス合成」というタイトルで,丸谷瞬君が「パス遅延テスト容易性のための高位合成におけるバインディング法」というタイトルで発表しました.2人の感想はこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です