WRTLT,ATS in 北京

第16回Asian Test Symposium(ATS’07)が10月8日から11日,第8回Workshop on RTL and High Level Testing(WRTLT’07)が10月12日から13日に北京で行われました.コンピュータデザイン研究室からはATSで市原先生,吉川先生,WRTLTで吉川先生と岡さんが発表されました.市原先生の発表内容は”Test Compression / Decompression Based on JPEG VLC Algorithm,”,吉川先生の発表内容は”False path identification using RTL information and its application to over-testing reduction for delay faults,”と”RTL don’t care path identification and synthesis for transforming don’t care paths into false paths,”,岡さんの発表内容は”An Extended Class of Acyclically Testable Circuits,” です.
下の写真は発表会場です.

36_1.gif ichihara_ats.gif
yoshikawa_wrtlt.gif oka_wrtlt.gif

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です