DC研究会

6/25にDC研究会が行われました.コンピュータデザイン研究室からは
岡さんが「スイッチの機能を考慮した部分スルー可検査性に関する研究」
吉川先生が「ロバストテスト可能データパスを指向した高位合成におけるバインディング法」
というタイトルで発表されました.
おつかれさまでした.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です