情報科学技術フォーラム(FIT)2010

9/7〜9/9に情報科学技術フォーラム(FIT)2010が行われました.
コンピュータデザイン研究室からは
三上さんが「論理合成における面積・遅延最適化のためのフォールスパス活用について」
志水さんが「組込み自己テストにおける救済可能テスト生成器」
というタイトルでそれぞれ発表されました.
おつかれさまでした.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です