SHIOYAMASo

塩山創の投稿

 
2017年度卒業アルバム撮影&井上杯   みなさんこんにちはM2の塩山です. 11月1日に研究室での卒業アルバム撮影&井上杯を行いました. 写真を撮るだけでは面白くないので,同時に井上杯としてバドミントン大会も行いました! 井上杯には,論理回路研究室M2の荒井くん,サウンドデザイン研究室M2の荒槇くん,研究室の中川くんも参加してくれました!荒槙くん,中川くんはバドミントン経験者でとっても上手でした! 卒業ア... [記事全文を表示]
2017年度オープンキャンパス   みなさん,こんにちは M2の塩山です 7月30日(日)に広島市立大学オープンキャンパスがありました! コンピュータデザイン研究室は 「適応型漸次縮退システム」についてと 「ストカスティックコンピューティング」についてプレゼン&デモを行いました! 暑い中,多くのお客さんに来ていただきました!ありがとうございます! 以下はプレゼン&デモ風景です 準備中の... [記事全文を表示]
まるごと安佐南&安佐北。の取材を受けました!   こんにちはM2の塩山です. 先日「まるごと安佐南&安佐北。」の取材を受けました! 高校生向けの自由研究テーマの「スマホでスポーツを科学しよう」についてです. 取材を受けたのは市原先生,岩垣先生と昨年お手伝いした塩山と久保田くん,今年お手伝い予定の湯浅くんの5人です. まるごと安佐南&安佐北7月号に載っていますので,手に入る方は是非ご覧ください.公式HPはこちらです.まる... [記事全文を表示]
平成28年度卒業式&祝賀会   3月の23日に卒業式と祝賀会が行われました. B4とM2のみなさま卒業おめでとうございます! お別れになってしまうのは寂しいですが,進学の人も就職の人もこれからの活躍を期待してます! 学内の祝賀会では,藤葉さんが表彰されていました. 情報工学科の祝賀会では,幹事の湯浅くんがとてもがんばっていました. かなり前から準備を頑張ってたので,皆とても楽しそうにしていました... [記事全文を表示]
ホームパーティ in 井上先生宅   2017年3月20日に,井上先生宅でホームパーティーを行いました. 美味しいご飯美味しいお酒をいただいたり,皆でゲームをしたりなど,とても楽しい時間を過ごすことができました! ついつい楽しくて夜遅くまで長居してしまいました. 井上先生とご家族のみなさん,ありがとうございまいした! ... [記事全文を表示]
2016年度追いコン開催   2017年3月14日に追いコンを行いました! 春から就職する人,進学する人様々ですが,最後にとても楽しい会になりました また,また新しく4月から研究室の一員になる新4年生も参加してくれました 追いコンはお昼にソフトボールを,夜に飲み会を行いました ソフトボールでは皆,投げたり打ったり走ったりと楽しく行うことができました!(次の日の筋肉痛は言うまでもないですが...) ... [記事全文を表示]
塩山がFIIS@湘南工科大学に参加   みなさん,こんにちはM1の塩山です. 2017年3月3日に湘南工科大学で行われたFIIS研究会に参加し,研究発表を行いました. タイトルは「Zynqを用いた相互再構成型耐故障システムの実装」です. 本研究は以前,研究室の森先輩が提案している「相互再構成型耐故障システム」をZynqを搭載しているZyboというボードを2台用いて実装するというものです. 2台間における実装方法や... [記事全文を表示]
2016年度自主プロジェクト発表会   2月20日に自主プロジェクト演習発表会が行われました.コンピュータデザイン研究室からは,久保田・塩山が発表を行いました. 発表タイトルは「ストカスティックコンピューティングによるFPGAを用いた画像認識システムの構築と評価」です   普段の研究とは違い,自らプロジェクトを立ち上げ,スケジュールを組み活動を行うという,非常に貴重な体験ができたと思います. ... [記事全文を表示]
修論・卒論プチ打ち上げ&OB懇親会   みなさんこんにちは M1の塩山です. 2月16日に修論・卒論プチ打ち上げ&OB懇親会を行いました! 先輩や後輩の修論卒論の打ち上げと共に,リクルーターとしてこられた本研究室出身の石森さんとの懇親会を行いました 当初,皆疲れているので短めに切り上げる予定だったのですが,ついつい楽しくてかなり長い時間おしゃべりしていました 今のメンバーでのこのような会もあと少しと思うと少し寂... [記事全文を表示]
2016年度卒論発表会   こんにちは,M1の塩山です. 2月15,16日に情報工学科の卒論発表会が行われました. コンピュータデザイン研究室からは,阿部くん,青野さん,藤葉さん,中村くん,山口くん,湯浅くんが発表を行いました.研究タイトルは以下の通りです. 阿部「エラートレランスに基づいて簡単かされた論理回路の信頼性に関する考察」 青野「ドントケア拡大を用いたエラートレラントアプリケーションのための他出... [記事全文を表示]