研究室のメンバは研究だけではなく、研究以外の活動に対しても積極的です。高校生に対して研究内容を説明するオープンキャパスや、自主プロジェクト演習としてのコンテスト参加や社会貢献活動などが挙げられます。

卒業生の前田有希くんが 第6回研究会若手優秀講演賞を受賞!   昨年の3月に卒業した前田有希くんが「ディペンダブルコンピューティング(DC)研究会 第6回研究会若手優秀講演賞」を受賞しました!! 2019年2月のDC研究会(@機械振興会館)での一般講演「耐過渡故障を指向した線形有限状態機械のストカスティック数による状態符号化 」が,論文内容・プレゼンテーションの点で高く評価され,受賞に至りました. なお,授賞式は昨年11月のデザ... [記事全文を表示]
研究発表:行廣@DC研究会   みなさま こんにちは 前回のWRTLT2019に続いての投稿になります. WRTLT2019に続いて, 昨年の12月20日(金)に和歌山の紀伊勝浦で開催されました ディペンダブルコンピューティング研究会 (DC研究会) に参加させて頂きました. 私は「フェールオペレーショナルシステムのための近似投票機構IDMRの拡張」という題目で発表させて頂きました.... [記事全文を表示]
修了生の久保田直弥くんがまたまたまた受賞!! 今度はDC研究会若手優秀講演賞!   今年の3月に修了した久保田直弥くんが「ディペンダブルコンピューティング(DC)研究会 第5回研究会若手優秀講演賞」を受賞しました!! 終了後に受賞するのは前回のSLDM優秀発表学生賞に続いて2度目.すばらしいです. デザインガイア2017での一般講演「Stochastic Number Generation with Internal Signals of Peripheral Logic... [記事全文を表示]
行廣 フレッシュITアワードに参加   こんにちは,M1の行廣です. このたび,10月27日(土)に広島市立大学内で開催されましたフレッシュITアワードに参加しました.この日は広島市立大学の大学祭も行われていました.   今回は作品部門で参加させていただき, 「英文先生〜英文構造教えます〜」 というアプリで応募しました. このアプリは英文をアプリ内に入力するだけで英文の構造を解析してくれるア... [記事全文を表示]
卒業生の福田基君が第4回研究会若手優秀講演賞を受賞!   平成29年の3月に修士課程を修了した福田基君が,在学中に行った研究発表に対して,電子情報通信学会ディペンダブルコンピューティング研究会の「第4回研究会若手優秀講演賞」を受賞しました! めでたいです. 大学のHPや学科のHPでも紹介されていまし,久保田君の学会参加報告でもふれられています. 受賞講演は「耐ソフトエラーを指向したストカスティックコンピューティングのための有限状態機械の状態割... [記事全文を表示]
国際会議ITC Asia 2017にて研究発表   2017年9月13日〜15日に台北のTWTC Nangag Exhibition Hallで行われたInternational Test Conference in Asia (ITC-Asia) で市原が研究報告を行いました.発表論文は Hideyuki Ichihara, Motoi Fukuda, Tsuyoshi Iwagaki, Tomoo Inoue, "State Assign... [記事全文を表示]
2017年度オープンキャンパス   みなさん,こんにちは M2の塩山です 7月30日(日)に広島市立大学オープンキャンパスがありました! コンピュータデザイン研究室は 「適応型漸次縮退システム」についてと 「ストカスティックコンピューティング」についてプレゼン&デモを行いました! 暑い中,多くのお客さんに来ていただきました!ありがとうございます! 以下はプレゼン&デモ風景です 準備中の... [記事全文を表示]
川嶋がFIIS@湘南工科大学に参加   みなさん,こんにちはM2の川嶋です. 2017年3月3日に湘南工科大学で行われたFIIS研究会に参加し,研究発表を行いました. タイトルは「精度切り替え可能な演算回路の設計とその応用について 」です. 本研究は,精度を通常の精度と近似計算を切り替えられる演算器を設計し,その演算器を用いて,時間制約に応じて計算を切り替えることで,耐故障性を上げるという研究です. 通常の演算器... [記事全文を表示]
岩崎がVLD研究会@沖縄に参加   みなさん,こんにちは.M2の岩崎です. 2017年3月1日-3日に沖縄県青年会館(沖縄)にて行われた,VLD研究会に参加し,研究発表を行いました. 発表タイトルは,”エラートレラントアプリケーションのための論理回路の許容関数を用いた論理簡単化について” です. 発表内容はエラートレラントアプリケーションのための論理回路を簡単化する手法を提案したものです. エラートレラントアプリ... [記事全文を表示]
杉野がVLD研究会@沖縄に参加   はいさーい!めんそーれ!M2の杉野です! この度の記事は,3月1日(水)−3日(金)に沖縄の青年会館で開催されたVLD研究会に参加しましたのでその報告をさせいただきたいと思います. 発表タイトルは"ストカスティック反復による積和演算アーキテクチャ"です. 発表内容は顔認識などで用いられる固有ベクトルの算出アルゴリズム,べき乗法を全てSCで構成するという内容です. フィードバ... [記事全文を表示]