卒業生の福田基君が第4回研究会若手優秀講演賞を受賞!

平成29年の3月に修士課程を修了した福田基君が,在学中に行った研究発表に対して,電子情報通信学会ディペンダブルコンピューティング研究会の「第4回研究会若手優秀講演賞」を受賞しました! めでたいです.

大学のHP学科のHPでも紹介されていまし,久保田君の学会参加報告でもふれられています.

受賞講演は「耐ソフトエラーを指向したストカスティックコンピューティングのための有限状態機械の状態割当てについて」で講演者は福田基(著者:福田基、市原英行、岩垣剛、井上智生)でした.

先日行われたデザインガイアで授与式があったのですが,福田君は仕事の都合で出席できなかったため,代理で井上智生先生が受賞されました.以下のその時の写真です.

代理受賞した井上先生(右はDC研究会委員長の井上美智子先生)

今後もこのような賞をもらえるようにがんばって行きたいですね.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です